「AirDroid」のWebインタフェースに未対応のXSS脆弱性 | RBB TODAY

「AirDroid」のWebインタフェースに未対応のXSS脆弱性

ブロードバンド セキュリティ

「AirDroid」アプリのサイト(Google Play)
  • 「AirDroid」アプリのサイト(Google Play)
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月9日、SAND STUDIOが提供する、PCのWebブラウザ経由でAndroid端末とデータ転送や管理ができる「AirDroid」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

「AirDroid」のWebインタフェースには、Android端末のメッセージを表示する際の処理に問題があり、XSSの脆弱性(CVE-2013-0134)が存在する。この脆弱性が悪用されると、AirDroidのWebインタフェースに接続しているWebブラウザ上で、任意のスクリプトが実行される可能性がある。現時点で対策方法は公開されておらず、JVNではAirDroidのWebインタフェースでメッセージを表示しないようにすることで、本脆弱性の影響を軽減することができるとしている。

「AirDroid」のWebインタフェースに未対応のXSS脆弱性(JVN)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top