脆弱性を狙う攻撃は成功しづらくなる……2013年の脅威予測トップ5 | RBB TODAY

脆弱性を狙う攻撃は成功しづらくなる……2013年の脅威予測トップ5

 日本マイクロソフトは、「過去から将来を予測する:2013年の脅威予測、トップ5」の後編を公開した。

ブロードバンド セキュリティ
2011年第1四半期~2012年第2四半期中、種類の異なる悪用を報告した一意のコンピュータの台数
  • 2011年第1四半期~2012年第2四半期中、種類の異なる悪用を報告した一意のコンピュータの台数
  • 2004年~2012年に、クロスサイトスクリプティングに関わるものであると特定されたマイクロソフトセキュリティレスポンスセンターの脆弱性調査ケースの割合を年別に表示
  • 2011年第1四半期~2012年第2四半期において、マイクロソフト アンチマルウェア製品によって検出、およびブロックされたAdobe Flash Playerの悪用数--悪用にさらされた一意のコンピュータの台数で表示
日本マイクロソフト株式会社は2月5日、「過去から将来を予測する:2013年の脅威予測、トップ5」の後編を公開した。これは、2012年12月13日に公開された英語版Microsoft Security Blog「Using the Past to Predict the Future: Top 5 Threat Predictions for 2013」を翻訳したもの。今回は「ドライブバイ攻撃、およびクロスサイトスクリプティング攻撃は攻撃者のお気に入りになるだろう」「ソフトウェアの更新はより簡単になり、脆弱性の悪用はより難しくなる」「ルートキットは、 2013 年に進化を遂げるだろう」を挙げている。

攻撃者は、ドライブバイダウンロード攻撃、およびクロスサイトスクリプティング攻撃をますます利用している。Blacoleなどのエクスプロイトキットが広く利用可能になったことにより、ドライブバイダウンロード攻撃がより実行し易くなっている。このようなキットによって、攻撃者は更新の頻度が低い、あるいは最新の状態に更新するのが難しいユビキタスソフトウェアの脆弱性に関心を集中させることが可能になる。一方で、ベンダがユビキタスソフトウェアを常に最新に更新することを、ユーザにとってより容易にするにつれ、攻撃者が古い脆弱性を悪用する機会はどんどん減っていくとしている。

脆弱性を狙う攻撃は成功しづらくなる--2013年の脅威予測トップ5(日本マイクロソフト)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top