『ドラゴンボールZ 神と神』主題歌決定 FLOWが歌う「CHA-LA HEAD-CHA-LA」 リメイクVer  | RBB TODAY

『ドラゴンボールZ 神と神』主題歌決定 FLOWが歌う「CHA-LA HEAD-CHA-LA」 リメイクVer 

エンタメ その他

©バードスタジオ/集英社  ©「2013ドラゴンボールZ」製作委員会
  • ©バードスタジオ/集英社  ©「2013ドラゴンボールZ」製作委員会
  • ©バードスタジオ/集英社  ©「2013ドラゴンボールZ」製作委員会
世界的に人気のアニメ『ドラゴンボールZ』が、大スクリーンで戻って来る。世界中の関心を集めているのが劇場アニメ『ドラゴンボールZ 神と神』だ。2013年3月30日に、全国超拡大公開となる。
映画公開まで3カ月余り、いよいよ本作の主題歌とアーティストが決定した。アニメファンにも馴染みが深い人気アーティストのFLOWが、「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を歌う。

「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は、1989年からテレビ放映された『ドラゴンボールZ』の放送第1話から第199話まで、およそ4年5ヵ月にわたりオープニング主題歌としてオンエアされた。影山ヒロノブさんが歌う力強いボーカルは、現在でも世界中のファンから愛されている。
この「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を、多数のヒット曲を生み出したFLOWが挑み主題歌とする。俄然注目だ。しかも、今回はFLOWが曲をよりスピード感を増し、ロックテイストを強めたリメイクにした。2013年の新しい「CHA-LA HEAD-CHA-LA」となる。

FLOWは、1998年に結成、2003年にメジャーデビューした。2013年はその10周年にあたる。アニメとのタイアップも多く、アニメ『NARUTO-ナルト-』オープニングテーマ「GO!!!」や、『交響詩篇エウレカセブン』オープニングテーマ「DAYS」などの代表曲がある。2012年は『エウレカセブンAO』のオープニングテーマ「ブレイブルー」をリリースしたばかりだ。
近年は、海外でのライブ活動も多い。世界各国のアニメイベントの出演で、その人気も広がりを見せている。

[FLOWのコメント]
「今回、僕らFLOWが「CHA-LA HEAD-CHA-LA」をカバーさせていただくことになり、本当に嬉しいです。「ドラゴンボール」は小学生の頃から見続けてきたアニメなので、メンバー全員テンションが上がっています!しかも「CHA-LA HEAD-CHA-LA」はカラオケでもよく歌っていた曲で、まさか自分たちがカバーさせていただけるとは!
僕らもこの映画をすごく楽しみにしているので、みなさんも映画はもちろん、FLOW流の「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を楽しんで聞いて頂ければ嬉しいです。」

『ドラゴンボール』は、1984年から1995年までの約10年半「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された人気マンガだ。単行本は24カ国語に翻訳され、全世界発行部数2億3千万部に達する。1986年からスタートしたテレビアニメも国内外で人気である。
『ドラゴンボールZ 神と神』は、原作者・鳥山明さんが脚本の段階から製作に深く関わる意欲作である。テレビアニメの「Z」と「GT」の間、空白の10年間に起こったエピソードが初めて描く。これまで語られなかった正史の登場を、期待を持って待ちたい。

『ドラゴンボールZ 神と神』
2013年3月30日公開
http://www.dragonball2013.com/

原作・ストーリー・キャラクターデザイン: 鳥山明
監督: 細田雅弘 
脚本: 渡辺雄介 
作画監督: 山室直儀 
美術監督: 加藤治 
色彩設定:
堀田哲平

[声の出演]
野沢雅子、山寺宏一、森田成一、佐藤正治、鶴ひろみ、田中真弓、堀川りょう、古川登志夫、古谷徹、緑川光、草尾毅、八奈見乗児
《animeanime》

関連ニュース

特集

page top