サイボウズLive for Androidに複数の脆弱性 | RBB TODAY

サイボウズLive for Androidに複数の脆弱性

ブロードバンド セキュリティ
(イメージ)
  • (イメージ)
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月31日、サイボウズ株式会社が提供するサイボウズLiveサービス向けのクライアントソフトウェア「サイボウズLive for Android」に任意のJavaのメソッドが実行される脆弱性、およびWebViewクラスに関する脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

「サイボウズLive for Android バージョン 1.0.4 およびそれ以前」には、任意のJavaのメソッドが実行される脆弱性(CVE-2012-4008)およびWebViewクラスに関する脆弱性(CVE-2012-4009)が存在する。これらの脆弱性が悪用されると、細工されたWebページを閲覧することで任意のJavaのメソッドが実行され、Android端末の情報が窃取されたり、任意のOSコマンドを実行される、データ領域にある情報が漏えいするといった影響を受ける可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

「サイボウズLive for Android」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top