Felicaかざして打刻……Google Apps拡張サービスrakumoにタイムレコーダー登場 | RBB TODAY

Felicaかざして打刻……Google Apps拡張サービスrakumoにタイムレコーダー登場

ブロードバンド テクノロジー

Felicaでワンタッチ打刻
  • Felicaでワンタッチ打刻
  • 打刻者のアバターがタイムライン表示される
 日本技芸は9日、Google Apps for Businessの拡張サービス「rakumo」シリーズの新製品として「rakumoタイムレコーダー」の販売を1ユーザ月額105円で開始した。

 rakumoタイムレコーダーでは、オーソドックスなWebブラウザからの打刻だけではなく、Felicaによる簡単でスピーディーな打刻機能を提供。Google Appsの拡張サービスではあるが、Felicaの登録さえ行っておけば、Google AppsのユーザーIDがない社員・職員の打刻データも取得できる(管理者はGoogle Appsのアカウントが必要)。アルバイトやパートタイム職員など、Google AppsのユーザIDを未だ持っていない人の勤怠管理も一元的に行うことが可能。

 これに加えて、打刻の状況をタイムライン表示することで、打刻時間を仲間と競いあったり、未打刻の仲間を気遣ったりするような、ソーシャルの要素、ゲーミフィケーションの要素を盛り込んでいる。今後、Google+やChatterのタイムラインへフィードしていく機能も実装していくとのこと。

 動作環境は、Internet Explorer 8.0以降、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版、PasoriはRC-S370を推奨となっている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top