様々な新機能を搭載したゲーム開発環境「Unity 4」登場 | RBB TODAY

様々な新機能を搭載したゲーム開発環境「Unity 4」登場

エンタープライズ フォトレポート

Unity 4
  • Unity 4
  • Unity 4
  • Unity 4
  • Unity 4
  • Unity 4
  • Unity 4
  • Unity 4
  • Unity 4
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」の新バージョン「Unity 4」を発表しました。あわせて日本語版公式サイトもオープンしています。

「Unity 4」は、Unityエンジンおよび各種ツールを根本から見直し、これからの開発に欠かせない数々の新機能を搭載したとのこと。キャラクターアニメーションシステム「Mecanim」、DirectX 11サポート、モバイルグラフィックのさらなる最適化、Adobe FlashとLinuxのプラットフォーム対応など、さまざまな新機能や改良点がつけ加えられました。

「Mecanim」は、パワフルで革新的なアニメーション技術となっており、ほんの数回のマウスクリックで、キャラクターが驚くほど滑らかに動作。ステートマシンやブレンドツリーの構築、IKリギング、アニメーションの自動リターゲティングなどがすべてUnityエディタ内で行えます。アセット売買マーケットの「Unity Asset Store」でも、リターゲティング可能なアニメーションがたくさん追加される予定です。

また「Unity 4」は、マイクロソフトのDirectX 11に完全対応。たとえば、キャラクターやステージに対してより滑らかな外観を与えられる「テッセレーション機能」、GPUの演算能力を多方面に活用できる「演算シェーダー」などが新たに利用可能になります。

モバイルプラットフォームのグラフィックスもより一層の最適化が施され、あわせてモバイル用リアルタイムシャドウ、スキンメッシュのインスタンス化、ライトマップとノーマルマップの併用、洗練度を増したGPUプロファイラなどが提供されます。またモバイルでのダイナミックフォントに対応し、アジア系の文字を、解像度を問わずレンダリングでき、フォント、文字サイズ、太さも自由に制御できます。

プラットフォームとしては、Adobe FlashとLinuxに対応。Adobe Flash Playerアドオン を利用すれば、Unity 4で作成したゲームや既存のUnity 3Dコンテンツ(iOS、Android、デスクトップ、Webブラウザ)を、世界中のPCにインストールされているAdobe Flash Playerで動作するように書き出すことができます。

また「Unity 4」には、デスクトップLinux向けにゲームを書き出す新機能のプレビュー版が同梱されました。

「Unity 4」は現在Unity Storeで予約販売を実施中。7月9日までにUnity Proを新規購入した人には、17,000円分のオンラインクーポン特典が、7月31日までにUnity Pro+Add-onをアップグレードした人には、20%割引の特典が用意されています。

様々な新機能を搭載したゲーム開発環境「Unity 4」登場 ― 日本語版サイトもオープン

《冨岡晶@INSIDE》

関連ニュース

特集

page top