Windows 8がそのまま正式名称に決定! 個人向けエディションは2種類に集約 | RBB TODAY

Windows 8がそのまま正式名称に決定! 個人向けエディションは2種類に集約

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Windowsブログ
  • Windowsブログ
  • 「Windows 8」、Windows 8 Pro」、「Windows RT」の機能の違い
 米マイクロソフトは16日(現地時間)、開発中の最新版Windowsの名称が正式に「Windows 8」となったことを発表した。これまで「Windows 8」は仮称という扱いで「XP」や「Vista」のようなナンバリングではない名称になる可能性もあったが、分かりやすさを重視したようだ。

 同時に発売されるエディションも発表された。これまで新しいWindowsが発売されるたびにさまざまなエディションが追加され非常に分かりにくい状況だったが、個人ユーザーがパソコンで使う製品に関しては、「Windows 8」と「Windows 8 Pro」の2種類だけに集約された。それぞれに32Bit版となるx86と64Bit版のx64が用意されるのはこれまで通りだ。

 「Windows 8」と「Windows 8 Pro」の違いはBitLockerやEncrypting File Systemといった高度なセキュリティ関連の機能やVHDブート、クライアント向けのHyper-V、ドメイン参加の有無など。これまでは購入するエディションの選択に悩むユーザーも多かったが、Windows 8では一般的な用途の個人ユーザーなら「Windows 8」を選択すれば問題無いだろう。

 その他、企業ユーザー向けのエディションとして「Windows 8 Enterprise」と、ARMプロセッサ向けの「Windows RT」がある。「Windows RT」は当然ながらプリインスト―ルのみの供給だ。今回の発表でまた1歩発売に近づいた「Windows 8」だが、明確な発売時期などはまだ発表されていない。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top