Facebookキャンペーンアプリ「モニプラファンアプリ」に“スピードくじ”機能追加 | RBB TODAY

Facebookキャンペーンアプリ「モニプラファンアプリ」に“スピードくじ”機能追加

ブロードバンド ウェブ
PC画面イメージ
  • PC画面イメージ
  • スマートフォン画面イメージ
 アライドアーキテクツは24日、Facebookマーケティングプラットフォーム「モニプラファンアプリ」のキャンペーンアプリに、「スピードくじ」機能を新たに追加した。 

 「スピードくじ」機能は、企業がFacebookページ上で、すぐに当落が分かる“くじ引き型”のキャンペーンを実施することができる、モニプラファンアプリの新たなキャンペーンアプリ。パソコンやスマートフォンからキャンペーンページにアクセスし、「チャレンジする」ボタンを押すと、「当たり」か「はずれ」のいずれかが表示されるというもの。くじの当選確率は企業が自由に設定することが可能で、当選者の選考や抽選などの手間をかけることなく、手軽に懸賞キャンペーンを実施することができる。キャンペーンの景品には、商品はもちろん個別のクーポン番号の発行などにも対応しているため、WEBサービス事業者など様々なジャンルの企業が活用できるとしている。

 この機能を利用したキャンペーンの第一弾として、ファミリーマート店舗のクーポン発券サービス「Famiポートクーポン」のFacebookページにおいて、ファミリーマートで使える300円分の割引クーポンが当たる「その場ですぐ使える!300円クーポンスピードくじキャンペーン」が実施中。当選者には「モニプラ」アプリよりシリアル番号が発行され、ファミリーマート店舗に設置されているマルチメディア端末にシリアル番号を入力することで、クーポン券を発行することができる。

 「モニプラファンアプリ」は、Facebookページ上でフォトコンテストやモニターサンプリング、人気投票などの様々なユーザー参加型キャンペーンを、簡単な入力操作のみで実施できる企業向けのアプリケーションサービス。同サービスを利用して実施されるキャンペーンは、アライドアーキテクツが提供するユーザー向けFacebookアプリ「モニプラ」をインストールすることで参加可能となる。アプリのインストールユーザーは現在8万人を超えており、日本語でサービスを提供するFacebookアプリとしては国内最大規模。
《白石 雄太》

関連ニュース

page top