【地震】東電、福島第一原発 放射性滞留水の回収・処理の取組みを動画で紹介 | RBB TODAY

【地震】東電、福島第一原発 放射性滞留水の回収・処理の取組みを動画で紹介

ブロードバンド ウェブ

発電所内の水処理設備用タンクの概要
  • 発電所内の水処理設備用タンクの概要
  • 会見をおこなう原子力・立地本部長代理の松本純一氏
  • タンク配置状況と保管容量
  • 水処理設備の信頼性向上
 東京電力は、福島第一原子力発電所における放射性滞留水の回収と処理の取組みについて説明した会見を動画で公開した。

 1〜4号機の原子炉建屋やタービン建屋には、およそ9万立方メートルの高濃度滞留水があるとされており、これを水処理装置などによって納車能・塩分を除去してその一部を原子炉の冷却水として再利用している。

 現在、1〜4剛毅の高濃度滞留水の処理水(淡水・廃液)と5・6号機の低濃度滞留水ついてはタンクに保管・管理しているという。

《RBB TODAY》

関連ニュース

page top