Webブラウザ「Opera 11 alpha」、本日18時より提供開始……Web標準のエクステンションに対応 | RBB TODAY

Webブラウザ「Opera 11 alpha」、本日18時より提供開始……Web標準のエクステンションに対応

ブロードバンド ウェブ

エクステンション機能が導入された「Opera 11」サイト
  • エクステンション機能が導入された「Opera 11」サイト
  • エクステンションの画面
  • 「Opera 11」の画面
  • ファイル公開前の「Opera 11」サイト
 Opera Softwareは21日、Webブラウザソフト「Opera」の最新版となる「Opera 11 alpha」を18時より提供開始した。動作環境はWindows、Mac、Linuxで、初めてエクステンションが搭載されたバージョンとなる。

 エクステンションは、HTML5やJavaScriptなどのWeb標準技術で作られたものとなっており、ブラウザ自体に機能を追加し、ユーザーが自分好みのブラウザを作り上げることができる。これまではブラウザ本体をダウンロードするだけ利用できていたOperaブラウザですが、Opera 11にはさらにエクステンション機能を追加したことで、それぞれのユーザーのニーズや好みによりきめ細かく対応できるようになった。

 一方、開発者はWebサイトをつくる場合と同様に、Web標準の技術を用いてエクステンションをつくることが可能。また、Web標準技術の利用により、5千万人が使っているOperaデスクトップに加え、コードを少し変更することで、作成したエクステンションを他のブラウザにも対応できるようにすることが可能となっている。

 Opera共同創立者のヨン・フォン・テッツナー氏は「Operaは、ずっと、それぞれのユーザーが自由にカスタマイズできることを重要視してきました。今回のエクステンション機能の搭載は、これまでとは異なる、エクステンションという新しいカスタマイズ方法を提供できるようになったことを意味します。エクステンション機能により、Opera 11の自分流アレンジ方法は無限になり、Webの楽しみ方が広がったと思います」とのコメントを寄せている。

 また開発者向けツールとして、複数のパソコンやデバイスを利用する場合でも、同じブックマークやスピードダイアルなどを利用できるようにする「Opera Link」のAPIも公開された。このAPIを利用することで、Opera Linkのデータを他のオンラインサービスに利用したり、アプリケーションをつくることが可能とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top