日立、全52モデルをそろえたエンタープライズサーバ「AP8800」とOS「VOS3/US」 | RBB TODAY

日立、全52モデルをそろえたエンタープライズサーバ「AP8800」とOS「VOS3/US」

エンタープライズ モバイルBIZ

AP8800
  • AP8800
 日立製作所は20日、メインフレーム製品の後継機として、エンタープライズサーバ「AP8800」、およびオペレーティングシステム「VOS3/US」を発表した。月額価格は542万3,250円から、300万9,300円から。販売は2月22日より、出荷は7月初旬より開始される。

 AP8800では、レギュラータイプからハイエンドタイプまで全52モデル、約180倍の性能幅をカバーするラインナップが提供される。また、従来サポートしていたアクセラレートプロセッサーの対象モデルを拡大し、上位モデルにおいても命令プロセッサーの負担を抑えつつ新規業務への導入を可能としている。さらに、データコミュニケーションマネージメントシステム「XDM/DCCM3」と「総合利用者管理機能」の連携によりオンライン業務の認証機能を拡充し、監査証跡管理を行う「JP1/NETM/Audit」によるアクセスログなど監査証跡情報の一元管理や日本語文字コードの新規格(JIS X0213:2004)へ対応した。

 VOS3/USでは、「VOS3」の基本機能と内部統制支援や既存資産活用が可能なオープン連携などの付加価値機能をセット化したプログラム製品「VOS3/US標準パッケージ」が用意された。

 このほか、最新のテープテクノロジ「Ultium4」規格をサポートした「L18/500」との接続を可能とし、従来180.8TBだったデータ最大記憶容量を846.4TBにしたことにくわえ、1台のLTOライブラリ装置を論理的に2つに分ける論理分割機能をサポートしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

page top