シャープ、42V型/37V型AQUOS向けラック型シアターシステム——1ビットデジタルアンプ内蔵 | RBB TODAY

シャープ、42V型/37V型AQUOS向けラック型シアターシステム——1ビットデジタルアンプ内蔵

IT・デジタル テレビ

AN-ACD2
  • AN-ACD2
  • 設置例(液晶テレビAQUOS/AQUOSブルーレイは別売)
 シャープは16日、液晶テレビ「AQUOS」に最適なオーディオシステム「AQUOSオーディオ」の新モデルとして、「AQUOS G/D」シリーズの42V型/37V型向け1ビットデジタルアンプ内蔵ラック型シアターシステム「AN-ACD2」を発表した。価格はオープンで、予想実売価格は95,000円前後。2月1日発売。

 同製品は、42V型および37V型のAQUOS G/Dシリーズにマッチするように横幅を1,141mmとしたほか、高密度なMDF材と光沢のある木目調のEBコートシートを素材としたピアノブラック仕上げの筐体を採用するラック一体型オーディオシステム。従来製品と同じく、液晶テレビやハイビジョンレコーダーと連携して操作できる「AQUOSファミリンク」に対応し、AQUOSのリモコンで、同製品の電源オン/オフや音量調節、音声切換、オフタイマーなどのコントロールが行える。

 1ビットデジタルアンプ、2chスピーカーとサブウーハーを搭載しており、スピーカー部は10cm径ウーハーと2.5cm径のソフトドームツイーターを搭載した2ウェイ防磁設計を採用。16cm径ドライバーユニットを搭載するサブウーハー部の容量は約17リットルで、サブウーハーボックスとドライバーユニットを中央下部に配置することで、重低音再生時の音像の偏りを解消させたという。また、DTS/ドルビーデジタル/ドルビープロロジックII/AACなどのデコーダーを搭載するほか、2chスピーカーとサブウーハーだけで5.1chサラウンド効果を得られるという「ドルビーバーチャルスピーカー」や、音の広がりや豊かな低音などを加えるというステレオ音声強化技術「Audistry(オーディストリー) by Dolby」を採用。そのほか、シネマ/スポーツ/ミュージックなど11種類のサウンドモードを搭載し、各サウンドモードではサブウーハーレベルを設定可能とするなど、用途に応じた音質を選択できるように配慮している。

 デジタル入力はHDMIのほか、光デジタル音声を2系統装備。アナログ入力はピンジャック(L/R)×2で、音声出力には映像出力兼用のHDMI出力端子を搭載する。アンプの実用最大出力は150W(フロント25W×2ch、サブウーハー100W)。本体サイズは幅1,141×高さ442×奥行き435mmで、重さは49kg。 リモコン、長さ1.5mのHDMIケーブルなどが付属する。
《》

関連ニュース

特集

page top