マイクロソフト、PC/サーバのレンタル事業者向けレンタル利用ライセンスプログラムを開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、PC/サーバのレンタル事業者向けレンタル利用ライセンスプログラムを開始

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは5日、PCやサーバのレンタル事業者を対象として、同社製品のレンタル利用を許諾するサービスプロバイダ向けライセンスプログラム「SPLA(Service Provider License Agreement) 2.3」の提供を開始した。

 同社はこれまで一部のレンタル事業者のみを対象とした「デスクトップレンタルプログラム」で同社製品の限定的なレンタル利用を許諾してきたが、SPLA 2.3ではより幅広い事業者が同社製品のレンタル事業を行えるようになった。SPLA 2.3の対象となるのは、従来は対象外だったMicrosoft Windows VistaなどのOSを含め、2007 Office system、Forefront、Windows Server 2003などPCやサーバのレンタル事業でニーズが高いほぼすべての同社製品だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top