Rubyビジネス・コモンズとFON、九州でWiFiを活用した地域貢献プロジェクト〜FONルーターを地域に展開 | RBB TODAY

Rubyビジネス・コモンズとFON、九州でWiFiを活用した地域貢献プロジェクト〜FONルーターを地域に展開

 Rubyビジネス・コモンズ(RBC)とフォン・ジャパンは25日に、「FONルーター」を福岡天神・大名地区およびその他の九州地域に集中的に配備し、WiFi網を作り出したうえで、位置情報を利用したアプリケーションサービスを共同で展開することに合意したと発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
 福岡県を中心に活動するRubyビジネス・コモンズ(RBC)と無線LAN共有サービスの“FON”を展開するフォン・ジャパンは25日に、「FONルーター」を福岡天神・大名地区およびその他の九州地域に集中的に配備し、WiFi網を作り出したうえで、位置情報を利用したアプリケーションサービスを共同で展開することに合意したと発表した。

 具体的には、FON無線LAN共有ルーター約200台をフォン・ジャパンが提供し、これらを集中配備する。またFONはAPI等の技術情報を提供し、RBCと共同でFONを利用したアプリケーションの研究を行う。これにより、構築されたWiFi網上にて、FONルーターから取得できる位置情報をもとにしたFON API利用アプリケーションの利用等が実現する見込みだ。

 実際のルーター設置およびサービス開始は、2008年当初から随時行っていくことを予定し、今後設置場所、提供サービス、開始時期等について、地方公共団体等の協力を仰ぎながら、具体化していくとしている。
 通常、FONによる無線LANサービスは会員でないと利用できないが、当取組にて配置されるFONルーターからは、Rubyビジネス・コモンズが開発するコンテンツを誰もがアクセスができるようになる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top