松下、リムーバブルHDDを採用したデジタルディスクレコーダー——防犯システム対応 | RBB TODAY

松下、リムーバブルHDDを採用したデジタルディスクレコーダー——防犯システム対応

IT・デジタル レコーダー

WJ-HD180
  • WJ-HD180
 松下電器産業は20日、取り外し可能なHDDを搭載した防犯システム対応のデジタルディスクレコーダー「WJ-HD180」を発表。11月1日発売。価格は365,400円。

 同製品は、金融機関やビル、マンション、店舗、駐車場などの中小規模施設向け防犯システム用のデジタルディスクレコーダー。初めて防犯システムを導入する人でも、リモコンによる簡単設定/操作を実現しているという。

 リムーバブルHDDの採用で、前面パネルからVTRテープのようにHDDを差し込み、取り外しができる。別売りの160GBの2.5インチHDDを2台まで挿入可能。また、miniSDメモリーカードでの映像取り出し機能も装備する。さらに、別売の接続ユニットWJ-HDC20(41,790円)を使用すれば、パソコン画面での映像確認機能も搭載する。

 縦置き可能な別売スタンドなどが用意されており、設置スペースを節約することが可能。有効画素数は672×224ピクセル。インターフェースはコンポジット/D-sub25ピン/Ethernet。本体サイズは幅 270×高さ88×奥行き360mm。重さは5kg。
《》

関連ニュース

特集

page top