TIの新型AVプロセッサに対応したμITRONベースプラットフォーム——イーソル | RBB TODAY

TIの新型AVプロセッサに対応したμITRONベースプラットフォーム——イーソル

エンタープライズ その他

DM355の評価ボード(TI製)
  • DM355の評価ボード(TI製)
 イーソルは5日、テキサス・インスツルメンツ(TI)のデジタルAVコミュニケーション機器向け開発プラットフォームDaVinciの新製品「TMS320 DM355」デジタル・メディア・プロセッサに対応した、μITRONベースのソフトウェアプラットフォーム「eCROS」(eSOL Component Real-time OS platform/イークロス)をリリースした。

 「eCROS」には、μITRON4.0仕様準拠リアルタイムOS「PrKERNELv4」、μITRONベースシステム開発スイート「eBinder」に加え、FATファイルシステム、USBデバイス側スタックなど、アプリケーションのベースとなる基本的なソフトウェアが含まれている。

 このプラットフォームを採用することで、μITRONのリアルタイム性能をシステムに取り入れながら、ソフトウェア資産や蓄積された開発ノウハウを活用して効率的にアプリケーション開発を行うことができるとしている。eCROSは、デジタル家電やセキュリティ機器などですでに多数の実績があり、同アプリケーション分野向けに最適化されている。

 「DM355」に内蔵されたARMコア上で即座に動作するため、ソフトウェア開発者は、アプリケーション開発に即座に着手できる。eBinderには、ARM純正コンパイラであるARM RealViewコンパイラに加え、コンフィギュレーション、デバッグ、システム解析といった一連の開発に必要となる開発ツールが含まれる。これらの開発ツールは、PrKERNELv4や各種ミドルウェアとシームレスに統合化されているとのこと。

 イーソルは、ソフトウェアのライセンス提供だけではなく、製品のポーティングやカスタマイズ、製品サポート、受託開発などを含む各種プロフェッショナルサービスをあわせて提供していく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

page top