エスケイネット、Ver.1.3a対応のHDMIセレクタ——ブースター回路搭載で送受信を安定化 | RBB TODAY

エスケイネット、Ver.1.3a対応のHDMIセレクタ——ブースター回路搭載で送受信を安定化

IT・デジタル ノートPC

SK-HDMIS
  • SK-HDMIS
 エスケイネットは、Ver.1.3aに対応した4ポートHDMIセレクタ「SK-HDMIS」を発表。価格はオープンで、予想実売価格は20,800円。7月下旬発売。

 SK-HDMISは、最新のHDMI Ver.1.3aに対応したセレクタ。テレビやPCのディスプレイに、最大4台までのHDMI対応機器を接続し、切り替えて使用できる。従来のように、機器を差し換える手間が省ける。端子は前面に1基、背面に3基を配置している。機器の切り替えは本体ボタンおよびリモコンで操作する。

 10m以上のケーブルを使用する際は、リモコンのボタンひと押しでブースター回路をONに設定。信号を増幅して安定した送受信を可能にする。そのほか、本体にはポジションマーカーランプを搭載するため、どの機器を選択しているかがひと目で分かる。ブースター回路ON時もランプが点灯する。

 暗号化技術HDCPに対応。解像度は1,080pのフルハイビジョン画質に対応する。本体サイズは幅183×高さ23×奥行き94mm。重さは180g。ACアダプタ、1.8mのHDMIケーブルなどが付属する。
《》

関連ニュース

page top