アイ・オー、122cmの落下試験も実施——堅牢性を高めたポータブルHDD | RBB TODAY

アイ・オー、122cmの落下試験も実施——堅牢性を高めたポータブルHDD

IT・デジタル ノートPC

HDPG-SU300X(シルバー)
  • HDPG-SU300X(シルバー)
  • ブラックのHDPG-SU300XK
 アイ・オー・データ機器は20日、堅牢性を高めたポータブルHDDを発表。容量が300GBの「HDPG-SU300X」と、250GBの「HDPG-SU250X」の2シリーズで、カラーはブラックとシルバーが用意されている。HDPG-SU300Xは7月下旬出荷開始で、価格が43,365円。HDPG-SU250Xは6月末出荷開始で、価格が35,490円。

 2シリーズともに、ポータブルタイプながら、300GB/250GBの大容量を実現している。ACアダプタ不要のUSBバスパワー駆動が可能。さらに、手に持ちやすいラウンドフォルムを採用するほか、堅牢性の向上を図るなど、ポータブルHDDとして最適な性能を備える。

 堅牢性としては、米国防総省が軍事品に採用する性能試験と同じだという、122cmの落下試験を実施している。非動作時に、各面/辺/角に対して合計26回の落下試験を実施した後、動作検証を行い、正常動作することを確認したという。また、加圧実験の結果、100kgfの加重圧にも耐えるとしている。

 本体に搭載されているボタンで、ドライブフォルダのオープンや、PCからの取り外しが可能。対応OSはWindows Vista/XP/ME/2000 Pro SP4/98 SE/98と、Mac OS X 10.1〜10.4.9/9.2/9.1。本体サイズは幅86.4×高さ24.6×奥行き132.5mm。重さは265g。
《》

特集

page top