東芝、Web限定の「dynabook」グラフィック強化モデル——最新のGeForce 8700M GTを搭載 | RBB TODAY

東芝、Web限定の「dynabook」グラフィック強化モデル——最新のGeForce 8700M GTを搭載

 東芝は13日、最新のグラフィックボードGeForce 8700M GTを搭載し、グラフィックの強化を図ったノートPC「dynabook Satellite WXW」を発表。Web限定モデルとして、同社直販サイトで受注を開始した。

IT・デジタル ノートPC
dynabook Satellite WXW
  • dynabook Satellite WXW
  • 木目調の天板を採用している
 東芝は13日、最新のグラフィックボードGeForce 8700M GTを搭載し、グラフィックの強化を図ったノートPC「dynabook Satellite WXW」を発表。Web限定モデルとして、同社直販サイトで受注を開始した。2GBメモリを搭載する「PAWW79CLN20W」と、1GBメモリを搭載する「PAWW79CLN10W」の2モデルが用意され、価格はそれぞれ234,800円、219,800円。

 dynabook Satellite WXWは、Centrino Duoを採用するとともに、グラフィックボードには最新のGeForce 8700M GTを搭載。dynabookシリーズのグラフィック強化モデルの最上位機種に位置づけている。3Dグラフィックの高速描画をはじめ、ストリーミング映像などをスムーズに表示。オンラインゲームの使用にも最適だとしている。

 サウンド面としては、harman/kardonの5ステレオスピーカーシステムを採用。低音から高音まで幅広い音域で原音に対する再現性を高めている。さらにサウンドエンターテイメントシステム「ドルビーホームシアター」を備えるため、5.1chサラウンドでゲームやDVD映像を楽しめる。

 そのほか、ディスプレイは17型ワイドClear SuperView液晶で、解像度は1,680×1,050ピクセル(WSXGA+)。複数ウィンドウでの作業も快適に行えるという。HDMI端子を搭載するため、HDMI対応のテレビに出力も可能。また、有効130万画素のWebカメラを搭載する。

 OSはWindows Vista Home Premium。CPUはCore 2 Duo T7300(2GHz)。チップセットはモバイルインテル PM965 Express。HDDは120GB。2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載する。IEEE802.11a/b/g準拠の無線LANに対応。インターフェースとして、USB2.0×6/IEEE1394(4ピン)×1/光デジタルオーディオ出力×1/ミニD-Sub15ピン×1/HDMI出力×1などを備える。メモリーカードスロットはSDメモリーカード(SDHC対応)/xD-ピクチャーカード/マルチメディアカード/メモリースティック/メモリースティックPROに対応。駆動時間はリチウムイオンバッテリーの使用で約2.3時間。本体サイズは幅399×高さ36〜52×奥行き288mm。重さは3.9kg。
《》

特集

page top