JSAT、衛星を使った帯域保証型のIPマルチキャスト配信サービス | RBB TODAY

JSAT、衛星を使った帯域保証型のIPマルチキャスト配信サービス

エンタープライズ その他

サービスのイメージ図
  • サービスのイメージ図
 ジェイサット(JSAT)は19日、衛星通信の特徴である同報性や即時性などを活かし、国内に展開する企業の各拠点に対して効率的なデータ配信が行える衛星マルチキャスト配信サービス「Sky-Access IPcast」の提供を開始した。

 利用料金は、64kbpsの終日利用/帯域保証の場合で月額47万円+受信拠点数×500円で、初期導入費および機器費用(アンテナ、衛星ルータ、アンテナ設置費用など)は別途見積りが必要。

 本サービスは、帯域保証型の専用線(片方向・64kbps〜2Mbps)のため、インターネット回線のように、通信経路の混雑によるデータ通信速度の低下がないのに加え、山間部などインフラ不利地域に対しても均一な通信速度でデータ配信できるのが特徴となっている。

 なお、同社では想定される利用例として、全国の店舗への商品マスタデータの更新、VOD(Video On Demand)やマルチメディア端末へのコンテンツ配信、災害時、緊急時の本部からの緊急情報の一斉配信、を挙げている。また、7月には映像配信専用サービスとして「Sky-Access Video」の提供も予定されている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top