オリンパス、800万画素高感度デジカメ「CAMEDIA FE-250」——300万画素記録では世界最高ISO10,000を実現 | RBB TODAY

オリンパス、800万画素高感度デジカメ「CAMEDIA FE-250」——300万画素記録では世界最高ISO10,000を実現

IT・デジタル デジカメ

CAMEDIA FE-250
  • CAMEDIA FE-250
  • CAMEDIA FE-250の背面
 オリンパスは、簡単操作を追及したコンパクトデジタルカメラ「FEシリーズ」の最高級機として、ISO10,000の高感度撮影が可能な800万画素カメラ「CAMEDIA FE-250」を2月中旬に発売する。最大の特徴は、300万画素記録時において世界最高の撮像感度ISO10,000を実現していること。なお、800万画素記録時の最高感度はISO3,200となる。価格はオープンで、実売予想価格は4万円前後。

 CAMEDIA FE-250は、有効800万画素の1/1.8型CCDを搭載したモデル。「撮影ボタン」「再生ボタン」「消去ボタン」を独立したボタンとして設置しているほか、選択した機能の説明を液晶ディスプレイに表示するガイド機能を搭載するなど、初心者にも親切な設計となっている。シーンモードに、動きの速いペットの被写体ブレや赤目を抑えて撮影できる「ペットモード」を追加。

 レンズは、焦点距離7.4〜22.2mmの光学3倍ズームで、35mm判換算の撮像画角は35〜105mmに相当する。開放F値はF2.8〜F4.7。撮像感度はISO64〜10,000。

 液晶ディスプレイは2.5型23万画素。記録メディアはxDピクチャーカードで、本体に20Mバイトメモリを内蔵する。最大記録サイズは静止画が3,264×2,448ピクセル、動画(Motion JPEG)が640×480ピクセル。

 本体サイズは幅94×高さ56.5×奥行き22.3mm、重さは115g。電源はリチウムイオン充電池を採用し、バッテリー寿命は約190枚としている。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top