オリンパス、簡単操作が特徴の710万画素コンパクトデジカメ「CAMEDIA FE-220/230/240」 | RBB TODAY

オリンパス、簡単操作が特徴の710万画素コンパクトデジカメ「CAMEDIA FE-220/230/240」

IT・デジタル デジカメ

CAMEDIA FE-240(ブラック)
  • CAMEDIA FE-240(ブラック)
  • CAMEDIA FE-240(シルバー)の背面
 オリンパスは、初心者にもわかりやすい操作性が特徴のコンパクトデジタルカメラ「FEシリーズ」の新ラインアップとして、710万画素CCDと2.5型液晶を搭載した「CAMEDIA FE-220」「同FE-230」「同FE-240」を2月上旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格はFE220が23,000円前後、FE230が26,000円前後、FE240が3万円前後。

 エントリークラスのFE-220は、幅92×高さ55×薄さ20mm(最薄部)の小型・薄型ボディに、光学3倍ズームレンズを搭載したモデル。外装に堅牢で錆びにくいステンレスを採用しているのが特徴だ。

 ミドルクラスのFE-230は、幅90.5×高さ55×薄さ16.5mm(最薄部)の小型・薄型に、同じく光学3倍ズームレンズを搭載し、ステンレス外装を採用したモデル。ISO1,250の高感度撮影や、画像を撮影後に補正できる「電子手ブレ補正機能」などを搭載しているので、初心者でも簡単に撮影が楽しめる。

 最上位クラスのFE-240は、独自のレンズ開発技術により、幅93.5×高さ56×薄さ20mm(最薄部)のボディに焦点距離38mm〜190mm(35mmカメラ換算)の光学5倍ズームレンズを搭載したモデル。ISO1,000までの高感度撮影や、画像を撮影後に補正できる「電子手ブレ補正機能」を搭載する。また、「FEシリーズ」としては初めて、シルバーとブラックのカラーバリエーションを用意している。

 記録媒体には3機種ともにxDピクチャーカードを採用。最大記録サイズは静止画で3,072×2,304ピクセル、動画で640×480ピクセル(FE-220は15fps、FE-230/240は30fps)。電源には3機種ともに専用リチウムイオン充電池を採用しており、撮影可能枚数(CIPA規格)はFE-220が約180枚、FE-230が約210枚、FE-240は約190枚としている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top