米デル、副会長兼CFOにドナルド・J・カーティ氏が就任 | RBB TODAY

米デル、副会長兼CFOにドナルド・J・カーティ氏が就任

IT・デジタル ノートPC

 米デルは19日(現地時間)、同社の副会長兼最高財務責任者(CFO)のジェームズ・M・シュナイダー氏の後任として、ドナルド・J・カーティ氏が2007年1月1日付けで就任すると発表した。

 シュナイダー氏は同社の会計年度末となる2007年1月末まで同社にてカーディ氏への業務移行の支援を行い、その後、Frontier Bancsharesの代表取締役会長に就任する。

 カーティ氏が現在務める監査委員会委員長には、取締役会メンバーのトーマス・W・ルースIII世氏が就任する予定だ。

 カーティ氏は、1992年に同社取締役会のメンバーとなり、監査委員会の委員長を務めてきた。Sears Holding Corporation、Barrick Gold、CHC Helicopter、およびHawaiian Holdingsなどで重役を経験した後、MR Airline Group、およびAmerican Airlinesの会長を務めた。さらに、MRと同社関連会社において最高財務責任者(CFO)を初めとする要職を歴任し、1998年から2003年までAMRの取締役会長兼最高経営責任者(CEO)を務めた。現在は、BBBSA(Big Brothers Big Sisters of America)の理事長、Southern Methodist Universityの理事、SMU Cox School of Businessの理事、およびDallas Center for the Performing Arts Foundationの理事を務めている。
《富永ジュン》

特集

page top