【スピード速報】TEPCOひかりがアップでも45M超!無線はアップ・ダウンの差が最小 | RBB TODAY

【スピード速報】TEPCOひかりがアップでも45M超!無線はアップ・ダウンの差が最小

ブロードバンド その他

【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。
  • 【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。
  • 【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。
【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 今回は2006年11月21日〜11月27日の全測定データを用いて、最新の手法によりIPアドレス等を用いた回線種別解析を行い、種別ごとのアップロードおよびダウンロードの平均速度を算出した。
 なお、光ファイバによる測定データのうち「Bフレッツ」「TEPCOひかり」以外でCATVが提供した回線での測定データは「CATVインターネット」に、専用線である件数は「専用線」に加算した。

 グラフを見ての通り、ダウンロード、アップロードともにTEPCOひかりが圧倒的に速い。特にアップロードの平均46.4Mbpsは驚異的であり、先駆者ゆえに遅い回線の影響が見られ、広範なサービスエリアでマンションタイプなど混在するなど、公平は比較はできないが、Bフレッツの2.5倍の数字を叩き出している。
 これに対してダウンロード速度が平均5Mbps前後のグループでは、無線のアップロード速度が目立っている。他の種別と異なり、ダウンロード速度との差が小さく、ダウンロードでは3倍の差を付けられているCATVインターネットに対して、アップロードでは1.6倍の差をつけて逆転している。
 特に、光ファイバの普及が進んでいない地域では、無線インターネットが、スピードデバイド解消の一役を担うことに期待したい。
《平野正喜》

特集

page top