シャープ、ワンセグチューナーと4.3型高輝度液晶搭載のカラー電子辞書 | RBB TODAY

シャープ、ワンセグチューナーと4.3型高輝度液晶搭載のカラー電子辞書

IT・デジタル ノートPC

Papyrus PW-TC900
  • Papyrus PW-TC900
  • 液晶ディスプレイを普通に開けば「辞書スタイル」
  • 画面を180度回して「テレビスタイル」
  • 折りたたんで「ハンドスタイル」
 シャープは、ワンセグチューナーを内蔵した電子辞書「Papyrus(パピルス) PW-TC900」を12月8日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は5万円前後。

 PW-TC900は、電子辞書に初めて、ワンセグチューナーを内蔵したモデル。液晶ディスプレイは、4.3型(480×272ドット)の高輝度ASV液晶を採用しており、輝度は従来機と比べて40%明るくなっている。

 さらに、液晶画面を水平方向に180度回転できる「回転ヒンジ」を搭載した新デザインを採用。これにより、利用シーンに合わせて、3つのスタイルを選べるのも特徴だ。液晶ディスプレイを普通に開けば「辞書スタイル」、画面を180度回して「テレビスタイル」、折りたたんで「ハンドスタイル」となる。

 ワンセグ放送は、320×180ドットの標準表示に加え、480×272ドットの拡大表示も可能だ。バッテリー寿命はフル充電で、ワンセグ放送の視聴が連続約5時間、電子辞書の場合は連続約20時間としている。

 収録コンテンツは、カラー画像(1,000点)を初めて搭載した「スーパー大辞林」、ネイティブ単語音声(約26,000語)入りの「ジーニアス英和辞典」、「経済新語辞典06」「日経パソコン用語事典2006」など、40種類。

 そのほか、本体にはSDメモリーカードスロットを装備しており、コンテンツの追加や、デジタルカメラ写真の閲覧、MP3音楽の再生が行える。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top