シャープ、読めない漢字でも手書きで調べられる電子辞書「PW-AT750」など2機種 | RBB TODAY

シャープ、読めない漢字でも手書きで調べられる電子辞書「PW-AT750」など2機種

IT・デジタル ノートPC

PW-AT750
  • PW-AT750
  • PW-A700のシルバー(左)、ホワイト(右)
 シャープは、電子辞書「Papyrus(パピルス)」の新ラインアップとして、読めない漢字も「手書きパッド」に直接書いて検索できる「PW-AT750」を11月15日に、キー入力専用タイプの「PW-A700」を11月28日にそれぞれ発売する。価格はPW-AT750が52,500円、PW-A700が47,250円。

 PW-AT750/A700は、ネイティブスピーカーの音声を「ジーニアス英和辞典」の約26,000単語や、7カ国語の旅行会話など10コンテンツに収録するとともに、抑揚のついた合成音声で英単語や例文を読み上げる「TTS(Text-to-Speech)機能」を搭載することにより、2種類の音声出力「W音声」に対応したモデル。このほか、「脳年齢測定」などの能力チェック機能をはじめ、辞書や百科事典・参考書など、さまざまなシーンで役立つ合計100コンテンツが収録されている。

 上位機種となるPW-AT750は、付属のタッチペンで文字を直接書いて入力できる「手書きパッド」を搭載したモデル。読み方のわからない漢字の検索が可能なほか、漢字を書いて覚える「書き取りテスト」機能を採用しており、漢字能力を高められるとしている。

 本体サイズは共通で幅141.9×奥行き108.3×高さ18.7mm、重さはPW-AT750が約259g、PW-A700が約256g。画面は5.4型320×240ドットマトリックス液晶表示となっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top