ヤマハ、HDMI出力に対応したユニバーサルプレーヤー「DVD-S2700/S1700」 | RBB TODAY

ヤマハ、HDMI出力に対応したユニバーサルプレーヤー「DVD-S2700/S1700」

IT・デジタル レコーダー

DVD-S2700
  • DVD-S2700
 ヤマハは、映像/音声を1本のケーブルでデジタル伝送するHDMI端子を搭載したユニバーサルプレーヤー「DVD-S2700」および「DVD-S1700」を12月上旬に発売する。価格はDVD-S2700が126,000円、DVD-S1700が63,000円。本体色はいずれもゴールド。

 DVD-S2700/S1700は、DVDビデオソフトやDVDオーディオ、SACD、音楽CDに加え、スーパービデオCDやビデオCD、ビデオモード記録されたDVD±R/RW、CD-R/RW(MP3、WMA、JPEG再生可)と幅広いディスクメディア&フォーマットに対応したユニバーサルプレーヤー。さらに、DivXで記録されたディスクの再生にも対応する。

 出力面では、1本のケーブルで映像と音声を高品位にデジタル伝送できる「HDMI出力」を装備。最新映像機器でのフルHD表示に対応するため、現在のHDMIの最高スペックである1080p出力に対応するほか、480iから480pへのI/P変換、および720p/1080i/1080pへのビデオアップスケーラー機能を搭載する。

 DVD-S2700は、高剛性・耐振性に優れたメカニズムを採用し、192kHz/24ビット音声DACや、ディスク再生時に映像信号の出力を停止するオーディオダイレクトモードなどにより、オーディオプレーヤーとしての高音質再生能力を徹底追求したハイエンドモデル。

 DVD-S1700は、基本的な性能は上級機となるDVD-S2700に準じながらコストパフォーマンスを追求したコストパフォーマンスモデルとなっている。
《村上幸治》

特集

page top