JEITA、9月の民生用電子機器の国内出荷実績を発表 | RBB TODAY

JEITA、9月の民生用電子機器の国内出荷実績を発表

IT・デジタル テレビ

 電子情報技術産業協会(JEITA)は、2006年9月の民生用電子機器の国内出荷実績金額を発表した。9月の民生用電子機器の出荷金額は2,348億円(前年比109.6%)で、1月から9月までの合計は1兆8,615億円(同108.7%)。

 分野別では、薄型テレビが引き続き好調な映像機器の国内出荷金額は1,491億円(同109.7%)と2カ月連続の増加。1月から9月までの合計は1兆1,642億円(同111.7%)。

 デジタルオーディオプレーヤーが好調な音声機器の国内出荷金額は240億円(129.6%)と7カ月ぶりの増加。1月からの累計は1,560億円(同102.0%)。

 カーAVC機器の国内出荷金額は616億円(同103.2%)と10カ月連続の増加。1月からの累計は5,412億円(同104.7%)。

 主要製品の動向は、CRT、液晶、PDPをすべて含むカラーテレビ全体計は659,000台(同98.2%)と3カ月連続の減少。台数ベースの構成比は、CRTが20.8%、液晶が68.9%、PDPが10.4%。1月からの累計は、液晶テレビが360万台でカラーテレビ全体の64.7%を占めている。

 液晶テレビにおいて9割を占める10型以上の液晶カラーテレビの出荷数は449,000台(同143.4%)。10型以上のうち、大型ディスプレイの占める割合が高い16:9タイプの製品が380,000台(同183.1%)。30型以上は241,000台(192.8%)とさらに高い伸びを示している。

 PDPの出荷数は68,000台(同145.8%)と14カ月連続の2桁増。37型以下が全体の5割以上を占めている。

 DVDビデオの出荷数は436,000台(同75.7%)と4カ月続いて前年割れとなった。DVD再録機は252,000台(同75.8%)、そのうち9割を占めるHDD内蔵型は226,000台(同80.5%)。再生専用機も前年比75.5%と5カ月連続で減少している。

 ビデオ一体型カメラの出荷数は201,000台(同85.5%)と4カ月連続の減少。ステレオセットは111,000台(81.8%)と16カ月連続の減少。デジタルオーディオプレーヤーは833,000台で、そのうちの9割近い733,000台が半導体メモリを使用するタイプだ。

 カーオーディオは、カーラジオが前年比85.3%と4カ月ぶりに減少。カーステレオも同73.6%と9カ月連続でマイナス。カーCDプレーヤーの出荷数は571,000台(同96.1%)と減少に転じている。カーカラーテレビの出荷数は89,000台(同92.8%)と14カ月連続で減少しているが、カーDVDは24,000台(同131.5%)と3カ月連続の増加。カーナビゲーションシステムは337,000台(同100.9%)で2カ月連続の前年比増となっている。ソース別の構成比は、通信端末などを含むHDDタイプが53.5%、DVD-ROMタイプは45.4%。ETC車載ユニットの出荷数は337,000台(同75.5%)と2カ月連続の前年割れとなった。
《富永ジュン》

特集

page top