ソフトイーサ、64ビットCPU対応の「PacketiX VPN 2.0」をリリース | RBB TODAY

ソフトイーサ、64ビットCPU対応の「PacketiX VPN 2.0」をリリース

エンタープライズ その他

 ソフトイーサは28日、VPNソフトウェアシリーズ「PacketiX VPN 2.0」に含まれる各ソフトウェアの64bit対応版を開発したと発表した。なお、64bit対応版は新製品「PacketiX VPN 2.0 64-bit Edition」として、8月以降に販売体制が整い次第ライセンス提供を開始するとしている。

 今回の64bit対応版では、各種64bit版OSに正式対応したほか、「VPN Server」における同時接続VPNセッション数および仮想HUB数について、ほぼ制限がなくなっているのが特徴となっている。また、64ビットCPU環境下で今までの32bit版を用いた場合と比べ、VPN通信のスループットが向上するとしている。

 「PacketiX VPN 2.0 64-bit Edition」が対応するCPUアーキテクチャおよびOSは、以下のとおり。

●CPUアーキテクチャ:x64(EM64T/AMD64)
 Windows XP Professional x64 Edition
 Windows Server 2003 Standard x64 Edition
 Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition
 Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
 Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
 Linux カーネル 2.4/2.6
 FreeBSD 5.x/6.x
 Solaris 10

●CPUアーキテクチャ:SPARCv9 64bitモード
 Solaris 8/9/10
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top