ANA、国内空港のすべてのラウンジに無線LAN接続サービスを整備 | RBB TODAY

ANA、国内空港のすべてのラウンジに無線LAN接続サービスを整備

ブロードバンド その他

 全日本空輸(ANA)は、国内空港のすべてのラウンジに無線LAN接続サービスを順次、整備する。また、インターネット経由で印刷が可能なサービスも提供される。

 現在、羽田、伊丹、福岡、成田の各空港に設置されたANAのラウンジでは、NTTドコモの無線LAN接続サービス「Mzone」が提供されている。これが、国内13か所のすべてのラウンジで利用できるようになる。また、今後、NTT東西が提供する「フレッツ・スポット」も利用できるようになる予定だ。

 印刷サービスは、エプソンが提供する「どこでもビジネスプリントサービス」。インターネット経由でデータをアップロードすると、ラウンジに設置されたプリンタから印刷できる。これまでは、羽田など一部のラウンジにしか設置されていなかったが、無線LAN接続サービスと同様に、すべてのラウンジに拡大する。
《安達崇徳》

特集

page top