PSIとネットイン京都、メッシュ型共有公衆無線LANシステムを発表 | RBB TODAY

PSIとネットイン京都、メッシュ型共有公衆無線LANシステムを発表

ブロードバンド その他

 ピーエスアイとネットイン京都は、3月15日から16日まで開催されている「第5回 ケータイ国際フォーラム」(京都)において、米Strix Systems製の無線LAN機器を利用したメッシュ型共有公衆無線LANシステムを発表した。
  •  ピーエスアイとネットイン京都は、3月15日から16日まで開催されている「第5回 ケータイ国際フォーラム」(京都)において、米Strix Systems製の無線LAN機器を利用したメッシュ型共有公衆無線LANシステムを発表した。
  •  ピーエスアイとネットイン京都は、3月15日から16日まで開催されている「第5回 ケータイ国際フォーラム」(京都)において、米Strix Systems製の無線LAN機器を利用したメッシュ型共有公衆無線LANシステムを発表した。
  •  ピーエスアイとネットイン京都は、3月15日から16日まで開催されている「第5回 ケータイ国際フォーラム」(京都)において、米Strix Systems製の無線LAN機器を利用したメッシュ型共有公衆無線LANシステムを発表した。
 ピーエスアイ(PSI)とネットイン京都は、3月15日から16日まで開催されている「第5回 ケータイ国際フォーラム」(京都・伏見区)において、米Strix Systems製の無線LAN機器を利用したメッシュ型共有公衆無線LANシステムの概要を発表した。

 メッシュ型無線LANシステムとは、通常は無線LANアクセスポイントとして機能する無線LAN機器が、それぞれの機器間でも通信を行い、バックボーンとしての役割も果たすというもの。これにより、バックボーンにイーサネットケーブルを引き回すなどの工事が不要となり、ネットワークの配線コストを大幅に削減できるとしている。

 このメッシュ型無線LANシステムを共有公衆無線LANとして利用するために、ネットイン京都では利用機器の構成と設計の最適化を行った。その結果、VoIP、公衆無線LAN、社内LANをシームレスに連携したままVPNを利用できるという、セキュアな環境を提供可能としている。

 本システムでは、Layer3以上でハンドオーバーやセキュリティの確保を行っているのではなく、Layer2を利用しているため、より物理層に近く、プロトコル依存が起こらない点が有利とのこと。
《》
page top