キヤノン、3型液晶搭載の「IXY DIGITAL 80」や光学6倍ズーム搭載の「PowerShot A 700」など 全モデルISO800対応 | RBB TODAY

キヤノン、3型液晶搭載の「IXY DIGITAL 80」や光学6倍ズーム搭載の「PowerShot A 700」など 全モデルISO800対応

IT・デジタル デジカメ

IXY DIGITAL 80
  • IXY DIGITAL 80
  • PowerShot A700
 キヤノンは7日、同社コンパクトデジタルカメラの新製品「IXY DIGITAL 80」「同70」「PowerShot A700」「同A540」「同A530」「同A430」を3月16日から順次発売すると発表した。

 いずれの機種も高性能映像エンジン「DIGIC II」を搭載したほか、手ブレや被写体ブレに強いISO800相当の高感度撮影が可能になった(ただし、PowerShot A430はISO400まで)。また、記録画素数には縦横比16:9の画像の撮影/再生が可能な「ワイド」を追加し、同社のコンパクトフォトプリンター「SELPHY CP」シリーズと接続して、ワイドサイズ用紙での全面フチなし印刷を可能とした。価格はいずれもオープン。

 「IXY DIGITAL 80」は、同社のデジタルカメラ初となる高精細・広視野角の大画面3.0型液晶モニターを搭載したモデル。大画面を活かし、撮影直後のレックレビュー時に、撮影画像全体と、ピントが合った部分の画像を並べて表示する「フォーカスチェッカー」機能を搭載。また、本体背面の操作部にはタッチホイールを採用し、各種項目の設定やスクロール再生などの素早い操作が可能となっている。有効600万画素のCCDと35〜105mm(35mm判換算時)の光学3倍ズームレンズ(F2.8〜4.9)を搭載。本体サイズは幅90.3mm×高さ56.8mm×奥行き20.2mm、重さは約145g。発売は2006年4月中旬を予定。実売予想価格は45,000円弱。

 「IXY DIGITAL 70」は、大好評を博した「同60」の後継機。CCDを500万画素から600万画素へと高画素化し、広視野角の2.5型液晶モニターを採用する。35〜105mm(35mm判換算時)の光学3倍ズームレンズ(F2.8〜4.9)を搭載。本体サイズは幅86.0mm×高さ53.5mm×奥行き21.7mm、重さは約140g。発売は2006年3月16日。実売予想価格は40,000円弱。

 「PowerShot A700」は、Aシリーズに新たに追加された多機能モデル。シリーズ最高となる35〜210mm(35mm判換算時)の光学6倍ズームレンズ(F2.8〜4.8)と、有効600万画素のCCD、2.5型液晶モニターを採用する。本体サイズは幅94.5mm×高さ66.5mm×奥行き43.4mm、重さは約200g。発売は、2006年4月中旬を予定。実売予想価格は37,000円弱。

 「PowerShot A540」および「同A530」は、従来機種「同A520」および「同A510」の後継機で同シリーズのスタンダードモデルとして位置づけられる。A540は有効600万画素のCCDと2.5型液晶モニターを、A530は同500万画素のCCDと1.8型液晶モニターを採用。両機種とも35〜140mm(35mm判換算時)の光学4倍ズームレンズ(F2.6〜5.5)を搭載する。本体サイズは幅90.4mm×高さ64.0mm×奥行き43.2mm、重さは約180g。発売は2006年3月16日。実売予想価格はA540が3万円弱、A530が2万円弱。

 「PowerShot A430」は、有効400万画素のCCDと1.8型液晶モニターを採用し、39〜156mm(35mm判換算時)の光学4倍ズームレンズを搭載するハイコストパフォーマンスのエントリーモデル。被写体に最短1cmまで近づける「スーパーマクロ撮影」機能を搭載する。本体サイズは幅103.0mm×高さ51.8mm×奥行き40.2mm、重さは約160g。発売は2006年3月16日。実売予想価格は18,000円弱。
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top