オンキヨー、東都積水と共同開発した新技術「AEET」を採用したスピーカー | RBB TODAY

オンキヨー、東都積水と共同開発した新技術「AEET」を採用したスピーカー

IT・デジタル その他

 オンキヨーは、東都積水と共同開発した新技術「AEET」(Advanced Extrusion Engineering Technology)を採用したスピーカーシステム「L500シリーズ」を11月11日に発売する。L500シリーズのラインアップは、2ウェイスピーカーシステム「D-L500F」、センタースピーカーシステム「D-L500C」、マルチチャンネルスピーカーシステム「D-L500M」の3種類。価格は、D-L500Fが37,800円(2台1組)、D-L500Cが12,600円(1台)、D-L500Mが8,400円(1台)。

 L500シリーズは、木粉を配合した樹脂を押出し成形でキャビネットにすることにより、木製キャビネットの優れた音質と、樹脂製キャビネットのデザインの自由度とを両立させたスピーカーシステム。さらに、キャビネットの断面を流線型にデザインすることで、四角い箱型の木製キャビネットに見られた有害な音の共振を抑制しており、個々の楽器やセリフの質感までもを豊かに再現できるとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top