オリンパス、簡単操作が特徴の初心者向け600万画素と500万画素デジタルカメラ | RBB TODAY

オリンパス、簡単操作が特徴の初心者向け600万画素と500万画素デジタルカメラ

IT・デジタル デジカメ

μ DIGITAL 600(シルバー)
  • μ DIGITAL 600(シルバー)
  • μ DIGITAL 600(ネイビー)
  • μ DIGITAL 600(レッド)
  • CAMEDIA FE-110
 オリンパスは、簡単操作を特徴としたデジタルカメラ2機種を、10月中旬より順次発売する。ラインアップは、600万画素CCDと光学3倍ズームレンズ搭載の「μ(ミュー) DIGITAL 600」(10月中旬発売)と、500万画素CCDと光学2.8倍ズームレンズ搭載の「CAMEDIA FE-110」(10月下旬発売)。

 価格はともにオープンだが、同社によるとμ(ミュー) DIGITAL 600の販売想定価格は35,000円前後、CAMEDIA FE-110は20,000円前後だとしている。

 μ DIGITAL 600は、アウトドアなどでの撮影時に重宝する生活防水機能を搭載しているのに加え、フル充電で約330枚(CIPA規格)の撮影が可能なバッテリーを採用したモデル。暗いところでも被写体が確認しやすい2.5型液晶ディスプレイを装備するほか、撮影時の機能として「手ぶれ軽減モード」を搭載。このモードは、自動的にシャッタースピードとISO感度を上げて撮影するため、被写体が動くことによって起こる被写体ぶれと、撮影時に手が動くことで起こる手ぶれの両方を軽減することができるほか、暗い場所でもフラッシュを使わない高感度撮影が可能となっている。さらに、ISO感度が1600まで上がった場合でも、ノイズレベルをISO400相当まで抑えられるとしている(記録画素数は2メガピクセル相当に限定)。

 また、PCを使わず本体のみで画像編集できる機能を備え、赤目補正や明るさ/鮮やかさなどの微調整、「フレーム/タイトル合成」「カレンダー作成」などのアレンジが可能。また、独立した「かんたんプリントボタン」が設けられており、PictBridge対応フォトプリンタに接続すれば、ボタン1つで簡単にプリントアウトできるようになっている。

 本体サイズは幅97×高さ55.5×奥行き26.5mm、重さは128.5g。カラーバリエーションとしてシルバー、ネイビー、レッドの3色が用意される。

 CAMEDIA FE-110は、デジカメ初心者にもわかりやすいように、1つのボタンに1つの機能のみを割り当てた「1ボタン1機能」を基本に設計されたエントリーモデル。このほか、マクロモードや露出補正などの各種撮影機能の設定画面にヘルプガイドを表示するなど、カメラの仕組みに詳しくない人でも、カメラの機能を最大限に生かした撮影ができるような工夫が取り入れられている。

 また、カメラ本体に28Mバイトの内蔵メモリを搭載するのに加え、パッケージに16MバイトのxDピクチャーカードが同梱されており、購入後すぐに撮影が楽しめるようになっている。バッテリーには、単3乾電池×2本が採用されており、オキシライド電池、ニッケル水素電池(充電式)、アルカリ電池、リチウム電池が使用可能だ。

 本体サイズは幅87.5×高さ62.5×奥行き38.5mm、重さは140g。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top