デジオン、メディアサーバ機能搭載のDVD/HDDレコーダー評価キットを限定販売 | RBB TODAY

デジオン、メディアサーバ機能搭載のDVD/HDDレコーダー評価キットを限定販売

IT・デジタル レコーダー

 デジオンは、ホームネットワーク対応HDD/DVDレコーダーにおけるリファレンス(標準形)を提案する目的で開発された評価向け製品「DiXiM DMR-1000」を11月に発売する。予定価格は92,400円。

 同製品は、主にメーカーの開発者や企画担当者向けへの販売を想定して作られたもので、HDDを別途取り付けて使用するキット製品。なお、メーカーの開発者からの評価に加え、個人ユーザーの評価も集める目的のため、888台限定で一般ユーザー向けにも販売を行うとしているが、現時点では販売方法などについて決まっている事項はない。

 DiXiM DMR-1000は、録りためたTV番組などのデジタルコンテンツを、ホームネットワーク上にあるほかのプレーヤーで見られるメディアサーバー機能と、PCなどほかの機器にあるデジタルコンテンツを見られるメディアプレーヤー機能の、両方の機能を併せ持ったレコーダー製品。

 同社のマルチメディアホームネットワークソリューション「DiXiM」の技術が利用されており、ホームネットワークでデジタルコンテンツを楽しむための標準規格である「DLNA(Digital Living Network Alliance)ガイドライン」対応も予定しているという。

 製品にはPC用ソフト「DiXiM Media Client」「DiXiM Media Server」が同梱されており、これらを手持ちのPCにセットアップすることで、PCに保存されている動画、静止画、音楽などのデジタルコンテンツをDMR-1000で再生することや、DMR-1000でHDD録画したTV番組をPCで楽しむことが可能になる。

 また、同じく同梱されている「DMR MediaTransporter」を利用することで、DMR-1000で録画した番組をPCにMPEGファイルとしてダビングすることも可能だ。

 このほか、レコーダー機能としてアナログテレビチューナーとEPG機能を搭載し、最大128番組までの予約録画が可能。搭載DVDドライブは、DVD+R DLに対応しており、最大録画可能時間は高画質のXPモードで約1時間50分、長時間のEPモードで約11時間25分となっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top