キヤノン、1,280万画素フルサイズCMOS搭載のデジタル一眼レフ「EOS 5D」 | RBB TODAY

キヤノン、1,280万画素フルサイズCMOS搭載のデジタル一眼レフ「EOS 5D」

IT・デジタル デジカメ

EOS 5D
  • EOS 5D
  • 液晶ディスプレイは視野角170度の2.5型23万画素
 キヤノンは、有効1,280万画素の35mmフルサイズCMOSを搭載したハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D」を10月上旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は40万円を切る見込み。

 EOS 5Dは、有効1,280万画素の35mmフルサイズ(35.8×23.9mm)CMOSを採用し、35mmフィルム一眼レフカメラと同じ画角で撮影できるのが最大の特徴だ。映像エンジンは「DIGIC II」、液晶ディスプレイは視野角170度の2.5型23万画素。

 新開発のAFは、測距点が「9点+アシスト6点」となる。これは、ファインダーに表示される9個所の測距点以外に、6個所の測距点が備わっているというものだ。

 また、写真表現や目的を反映できる新機能「ピクチャースタイル」を搭載。ピクチャースタイルでは、フィルムを選ぶような感覚で、「スタンダード」「ポートレート」「風景」「ニュートラル」「忠実設定」「モノクロ」の6種類を選択することが可能だ。

 シャッター速度は1/8,000〜30秒。連写機能は約3コマ/秒、連続撮影枚数はJPEG撮影時が60コマ、RAW撮影時が17コマとなる。シンクロ速度は1/200秒以下。なお、シャッターユニットの耐久性は10万回としている。

 レンズマウントはキヤノンEFマウントに対応し、EFレンズ群(EF-Sレンズを除く)を使用できる。ファインダーはペンタプリズムを採用し、視野率が96%、倍率が0.71倍。撮像感度はIS0100〜1,600で、拡張機能によりISO50またはISO3,200相当に設定することも可能だ。記録メディアは、コンパクトフラッシュ(TYPE I/II)とマイクロドライブ。記録ファイル形式は、JPEGとRAWに対応し、最大記録解像度は4,368×2.912ピクセル。

 本体サイズは152×113×75mm、重さは810g。インターフェースはUSB2.0。電源はリチウムイオンバッテリー「BP-511A」で、起動時間は0.2秒としている。
《高柳政弘》

特集

page top