ドコモ、迷惑メール撲滅に向けた取り組みで問い合わせ件数が92%減少 | RBB TODAY

ドコモ、迷惑メール撲滅に向けた取り組みで問い合わせ件数が92%減少

ブロードバンド その他

 NTTドコモは、8日、同社の迷惑メール撲滅への取り組みと現状について同社のNTTドコモレポート上にて発表した。

 同社の迷惑メール撲滅の取り組みは大きく3つの柱からなる。

1.迷惑メールを送信させない。
2.宛先不明メールをドコモでブロックする(受信させない)。
3.迷惑メールを受け取らない機能を提供する。

 こうした取り組みにより、受信拒否機能の設定方法を含む迷惑メール全般の顧客からの問い合わせ件数が、過去最も多かった2001年6月の144,800件に比べ、2005年6月現在では11,900件と、92%も減少したという。

 また、具体的な迷惑メール件数の推移としては、2003年7月には1.8通/日だったドコモ携帯電話発の迷惑メール送信数が、2005年6月には0.02通/日へと減少したという。これについて同社では、契約約款に基づく利用停止措置の徹底や送信通数制限などが効果を挙げたものと分析している。事実、2003年から行っている契約約款に基づく利用停止などの措置は2005年6月時点で6,674回線に上っている。

 さらに、アドレス開拓に使用される宛て先不明メール数は、2001年9月時点の8億通/日だったものが、2005年6月現在で700万通/日にまで減少したという。これについて同社では、サーバでの受信ブロックと、送信差し止め仮処分、迷惑メール業者への法的措置などが効果を挙げたものと分析している。

 同社顧客へのアンケート調査結果からも、これらの取り組みが一定の成果を挙げているものと見て、同社では今後も積極的に迷惑メール撲滅に取り組んでいく方針だ。
《竹内充彦》
page top