KDDI、光ファイバに地上デジタル放送の信号を通す機器を開発 | RBB TODAY

KDDI、光ファイバに地上デジタル放送の信号を通す機器を開発

ブロードバンド その他

 KDDIとKDDI研究所は、光ファイバに地上デジタル放送の信号を通す「再送信用光デジタル伝送装置」を開発した。地上デジタル放送の受信アンテナからCATV局の放送設備への伝送のほか、地下街などに設置する1セグメント放送用設備を結ぶ回線での利用が想定されている。同社では、2006年度までの商用化を目指すとしている。

 ユーザによりよい地上波放送を提供するため、CATV事業者や難視聴対策用共同受信施設提供者は、放送設備とは離れた場所にアンテナを設置し受信。これをユーザに再配信することがある。

 この場合、アナログ回線を用いて放送設備と接続している。しかし、地上デジタル放送に対応するためには、容量が不足するためデジタル回線を別に用意する必要がある。さらに、現在のシステムや回線では、デジタル放送を伝送するための品質に満たない可能性もある。

 今回開発された機器では、国や自治体、通信事業者などが整備した光ファイバが利用でき、これらの問題が解消される。ほか、SONET/SDHネットワークにも対応し、1信号156Mbpsで伝送できる。
《安達崇徳》
page top