インテルとNTTBPが無線LAN活用の実証実験を産能大学湘南キャンパスにて共同で実施 | RBB TODAY

インテルとNTTBPが無線LAN活用の実証実験を産能大学湘南キャンパスにて共同で実施

ブロードバンド その他

 インテルとエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(以下、NTTBP)は、産能大学湘南キャンパス内において、無線LANネットワークとノートPCの効果的活用方法および運用モデルの実証を目的とした実験を共同で実施すると発表した。

 実証実験では、NTTBPとTropos Networksが共同で構築したメッシュ型公衆無線LANネットワークが使われる。またクライアント機器として、インテルCentrinoモバイル・テクノロジ搭載のノートPCと、無線LAN対応IPフォン(WiFi Phone)が産能大学に貸与される。これらが同大学の教職員の実業務で使われ、インテルとNTTBPはその利用方法やニーズ、問題点などを検証する。

 両社は、教育現場で無線LAN環境とノートPCがより有効に活用されるよう、同実験で実証された活用事例を、今後、教育機関に提案していくとしている。
《小笠原陽介》

特集

page top