バンダイチャンネル、「サクラ大戦 活動写真」「メトロポリス」を提供開始 | RBB TODAY

バンダイチャンネル、「サクラ大戦 活動写真」「メトロポリス」を提供開始

エンタメ その他

サクラ大戦をアニメ映画化した「サクラ大戦 活動写真」 (c) SEGA・RED/「サクラ大戦 活動写真」製作委員会
  • サクラ大戦をアニメ映画化した「サクラ大戦 活動写真」 (c) SEGA・RED/「サクラ大戦 活動写真」製作委員会
 バンダイチャンネルでは、4月から9作品を提供開始した。中でも注目なのは、「サクラ大戦 活動写真」と「メトロポリス」だ。サクラ大戦はゲーマーに圧倒的人気を誇る作品で、今回提供されるのはアニメ映画化作品である。

 また「メトロポリス」は、原作・手塚治虫、脚本・大友克洋、監督・りんたろうの豪華制作陣がおくる「もうひとりのアトムの物語」だ。

 「サクラ大戦 活動写真」(全1話)は、「太正」とよばれる時代の帝都・東京が舞台だ。帝都の裏側では、“降魔”と呼ばれる異形の怪物が跋扈していた。彼らと戦うのは、昼は大帝国劇場で踊り歌う「帝国歌劇団」のスタアたち。霊子甲冑に身を包み、「帝国華撃団」の戦士として帝都を守る若き乙女の戦いを描く。

 監督は本郷みつる。メインキャストは、真宮寺さくらに横山智佐、神崎すみれに富沢美智恵、マリア・タチバナに高乃麗など。

 一方、「メトロポリス」(全1話)は、アニメ界の「必勝トリオ」が製作した2001年の作品だ。原作は、手塚治虫が1949年に発表した長編マンガ「メトロポリス 大都会」。女性の姿形をした人造人間「ティマ」が主人公だ。

 人間とロボットが共棲する未来の巨大都市国家・メトロポリスを舞台に、謎の少女・ティマを軸に物語が展開する。メインキャストは、ティマに井元由香、ケンイチに小林 桂、ロックに岡田浩暉など。

 購入は、AIIや各ISPなどの配信提携会社を通じて行える。配信帯域は、2Mbps、1Mbps、500kbpsの3帯域(AIIの場合)。視聴にはWindows Media Playerを使用する。料金は、315円(税込/AIIの場合)。
《松岡美樹》

特集

page top