ネットギア、AutoCell技術で高スループットの無線LAN製品を企業向けに販売 | RBB TODAY

ネットギア、AutoCell技術で高スループットの無線LAN製品を企業向けに販売

IT・デジタル その他

 ネットギア日本支社は、チャネルや送信電力を自動的に最適化する「AutoCell(オートセル)」技術を搭載した無線LAN製品2種について、3月上旬から国内での企業向け販売を開始する。

 発売されるのはIEEE802.11b/g対応の無線LANアクセスポイント「WG302JP」と、IEEE802.11a/b/g対応の無線LAN PCカード「WAG511NA」だ。WG302JPはAutoCell機能を搭載する無線LANアクセスポイントとしては世界初になる。

 AutoCellとは、米国オートセル・ラボラトリース社による技術。複数の無線LANが存在する場面において、AutoCellに対応したアクセスポイントどうしで情報を交換し合い、チャネルを変更したり、送信出力を必要最小限に抑えたりすることで、電波の干渉を低減し、無線LANのスループットを向上するもの。また同機能に対応したクライアントは、無線LAN全体のスループットが最大となるよう、自動的に負荷の少ないアクセスポイントを選択する。

 ネットギアは日本市場において、コンシューマ向け無線LAN製品に加え、企業向け無線LAN製品の販売も強化していくとしている。

 メーカー希望小売価格は次のとおり(いずれも税込み)。

WG302JP:50,400円
WAG511NA:8,925円
《小笠原陽介》
page top