キヤノン、世界最軽量の初心者向け800万画素デジタル一眼レフ「EOS Kiss Digital N」 価格は10万円弱 | RBB TODAY

キヤノン、世界最軽量の初心者向け800万画素デジタル一眼レフ「EOS Kiss Digital N」 価格は10万円弱

 キヤノンは、485gの世界最軽量ボディで普及価格帯の初心者向け800万画素デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss Digital N」を3月17日に発売する。実売予想価格はボディ単体が10万円弱。

IT・デジタル デジカメ
EOS Kiss Digital N
  • EOS Kiss Digital N
  • EOS Kiss Digital Nの背面
 キヤノンは、485gの世界最軽量ボディで普及価格帯の初心者向け800万画素デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss Digital N」を3月17日に発売する。ボディカラーは、ブラックとシルバーを用意。価格はオープンで、実売予想価格はボディ単体が10万円弱、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM」レンズキットが12万円前後、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM」と「EF-S55-200mm F4.5-5.6 II USM」のダブルレンズキットが14万円前後。

 EOS Kiss Digital Nは、世界最軽量となる485gのボディに、有効800万画素のCMOS(22.2×14.8mm)と最新の画像処理エンジン「DIGIC II」を搭載した、初心者向けデジタル一眼レフカメラ。

 電源起動時間は約0.2秒の高速起動、測距点はスーパーインポーズ機能付きの7点。撮像感度はISO100〜1,600。シャッター速度は1/4,000〜30秒で、バルブ撮影に対応する。レリーズタイムラグは約100m秒、スピードライトとの同調速度は最速1/200秒だ。連写機能は、約3コマ/秒。最大連続撮影枚数は、JPEG(Large/Fine)で約14コマ、RAWが約5コマとなる。

 記録メディアは、コンパクトフラッシュ(CF)のTYPE I/IIを採用し、マイクロドライブや2Gバイト以上のCFも利用できる。

 ホワイトバランスの現像パラメーターに、「モノクロ」モードを追加。1ボタンでダイレクトプリントを可能にする「イージープリントボタン」を備える。

 ファインダーにはペンタダハミラーを使用し、視野率は95%、倍率は0.8倍となる。液晶ディスプレイは1.8型で、解像度は約11.5万画素。

 本体サイズは、幅126.5×高さ94.2×奥行き64mm。電源は、リチウムイオンバッテリー「NB-2LH」を採用し、撮影可能枚数はフラッシュなしで約600枚、フラッシュ(50%)使用で約400枚となる。PC用インターフェースはUSB2.0(Hi-Speed)の高速転送に対応した。

 なお、EOS Kiss Digital Nの発売と同時に、EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USMレンズの単体売りも行う。同レンズの価格は31,500円。
《高柳政弘》

特集

page top