東芝、延長録画機能とWチューナーを装備したVHS&HDD&DVD一体型レコーダー | RBB TODAY

東芝、延長録画機能とWチューナーを装備したVHS&HDD&DVD一体型レコーダー

 東芝は、VHS&HDD&DVD一体型レコーダーの新製品として、延長録画機能と地上アナログダブルチューナーを装備したモデル「RD-XV44」「RD-XV34」を3月上旬から順次発売する。

IT・デジタル レコーダー
250GバイトHDD/VHS/DVDレコーダー搭載のRD-XV44(3月中旬発売)
  • 250GバイトHDD/VHS/DVDレコーダー搭載のRD-XV44(3月中旬発売)
  • 160GバイトHDD/VHS/DVDレコーダー搭載のRD-XV34(3月上旬発売)
  • RD-XV44の背面
  • RD-XV34の背面
 東芝は、VHS&HDD&DVD一体型レコーダーの新製品として、延長録画機能と、地上アナログ放送波とインターネットの双方から番組情報を取得できる「WEPG」機能を搭載した、地上アナログダブルチューナー装備モデル「RD-XV44」「RD-XV34」を3月上旬から順次発売する。価格はオープンで、実売予想価格は順に10万円前後、85,000円前後。

 両モデルは地上アナログチューナーを2つ搭載しており、HDDまたはDVDメディアとVHSの2つの媒体に、2番組同時録画が行える。

 HDD容量は、RD-XV44が250Gバイト、RD-XV34は160Gバイト。最大録画時間は、RD-XV44が約445時間、RD-XV34は約284時間となる。DVDマルチドライブは、8倍速DVD-R、4倍速DVD-RW、5倍速DVD-RAMに対応(CPRM、VRモード録画対応)。

 映像DACは10ビット/54MHz、音声DACは192kHz/24ビット。インターフェースは、S1映像入力×3、DV入力、D1/D2映像出力、S1映像出力を用意する。

 本体サイズは幅430×高さ97×奥行き388mm、重さは7.8kg。
《高柳政弘》

特集

page top