富士写、レーベル面の印刷範囲が広がった8倍速記録対応DVD-Rメディアなど | RBB TODAY

富士写、レーベル面の印刷範囲が広がった8倍速記録対応DVD-Rメディアなど

IT・デジタル レコーダー

 富士写真フイルムは、8倍速記録対応のDVD-Rメディア3種類を2月21日に発売する。今回発売されるのは、ビデオ用の「1〜8倍速記録対応DVD-R“きれい録り”キャンバスレーベルL」と、データ用の「キャンバスレーベルL」「キャンバスレーベルキラキラ仕上げ」。価格はオープン。

 キャンバスレーベルLは、レーベル面がディスク中心近くまで印刷エリアに拡大されているのが特徴で、レーベルデザインの自由度が高められている。レーベル面のカラーは6色用意されており、ビデオ向け「キャンバスレーベルL」のパッケージには、レーベル面がホワイトのみのものと、ブルー、グリーン、ピンク、オレンジ、ホワイトの5色が入ったカラーミックスが用意される。また、データ用「キャンバスレーベルL」はホワイトのみとなっている。

 ビデオ向けキャンバスレーベルLには、インクジェットプリンター対応のインデックスカードが採用されており、無料でダウンロードできるインデックスカード専用デザインソフト「楽ちんデザイナー」を使ってオリジナルのインデックスを作成することもできる。

 キャンバスレーベルキラキラ仕上げは、レーベル面が光沢加工されたブルー、ゴールド、ピンク、グリーン、シルバーの5色カラーミックスパッケージ。レーベル面の印刷可能範囲は今までの一般的なメディアと同じ範囲となっている。
《村上幸治》

特集

page top