MSNチャット、安全性強化の視点から18歳以上サービスに移行 | RBB TODAY

MSNチャット、安全性強化の視点から18歳以上サービスに移行

ブロードバンド その他

 MSNのチャットサービス「MSNチャット」は、10月28日をもって18歳以上を対象とした有料サービスに移行する。

 MSNチャットは、2003年9月24日の時点で18歳未満ユーザーと無料ユーザーの利用を一部に限定してきた。こうした動きは、インターネットを経由した「出会い系」などの問題が根底にある。マイクロソフトでは、オンライン上での安全性やコンプライアンスの確保など、今回の有料サービス化で昨年からの動きを徹底する構えだ。

 今まで、18歳以上ならば無料でMSNチャットで、ユーザー作成のチャットルームの閲覧が可能であった。また、MSNが運営するチャットルームでは、発言はもとより他のユーザーを招待することもできた。ほかに、18歳未満のユーザーは、MSNの運営するチャットルームの閲覧に限りが可能だった。

 10月28日以降は、これらのサービスは全て18歳以上の有料会員向けサービスとなり、無料もしくは18歳未満ユーザーは利用できなくなる。マイクロソフトでは、18歳未満のユーザーに対しては、今後はMSN Messengerによる登録者同士のコミュニケーションを推奨する。

 なお、18歳以上だという認証はクレジットカードの登録を通じて行われる。今後、MSNチャットの機能を利用するには、有料サービスである「MSN Hotmail Plus」か「MSN Premium9」を利用する必要がある。これらの決済に使われるクレジットカードを通じて、18歳以上であることが確認される。なお、「MSN Hotmail Plus」は年額2,500円、「MSN Premium9」は月額コース1,344円、年額コース14,679円。価格はいずれも税込。
《RBB TODAY》
page top