[A&Vフェスタ 2004]国内最大の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」開幕 | RBB TODAY

[A&Vフェスタ 2004]国内最大の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」開幕

IT・デジタル テレビ

 日本オーディオ協会主催の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」がパシフィコ横浜で22日開幕した。会期は25日までの4日間。
  •  日本オーディオ協会主催の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」がパシフィコ横浜で22日開幕した。会期は25日までの4日間。
  •  日本オーディオ協会主催の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」がパシフィコ横浜で22日開幕した。会期は25日までの4日間。
  •  日本オーディオ協会主催の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」がパシフィコ横浜で22日開幕した。会期は25日までの4日間。
  •  日本オーディオ協会主催の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」がパシフィコ横浜で22日開幕した。会期は25日までの4日間。
  •  日本オーディオ協会主催の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」がパシフィコ横浜で22日開幕した。会期は25日までの4日間。
  •  日本オーディオ協会主催の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」がパシフィコ横浜で22日開幕した。会期は25日までの4日間。
  •  日本オーディオ協会主催の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」がパシフィコ横浜で22日開幕した。会期は25日までの4日間。
  •  日本オーディオ協会主催の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」がパシフィコ横浜で22日開幕した。会期は25日までの4日間。
 日本オーディオ協会主催の音楽・映像機器展示会「A&Vフェスタ 2004」がパシフィコ横浜で22日開幕した。会期は25日までの4日間。入場料金は今年から無料となった。

国内最大のコンシューマー向けオーディオ&ビジュアルの祭典「A&Vフェスタ 2004」

 A&Vフェスタの歴史は古い。半世紀前に「オーディオフェア」としてスタートし、昨年の2003年からは、イベントの名称を「A&Vフェスタ」に変更した。A&Vフェスタ 2004では、「体感」「交流」「期待」をテーマに、ホームシアターからカーAVまで新時代の音楽と映像のあるくらしを提案するとしている。

 A&Vフェスタ 2004の各社ブースに目を向けると、リアプロジェクションTVの参考出品が多く、目立っていた。そのリアプロジェクションTVを参考出品したのは、エプソン、三洋電機、ソニー、日本ビクターの4社。それでは、リアプロジェクション、プラズマ、液晶などの大画面TVに着目し、参加メーカーの展示品を紹介しよう。

 エプソンは、63V型のフルHD(1,920×1,080ピクセル)対応リアプロジェクションTVを参考展示している。発売は未定だが、来客者からの反応はとてもよいとのことなので、市販化も近いかもしれない。

エプソンのフルHD対応63V型リアプロTV(参考出品)

 三洋電機は、55V型リアプロジェクションTVを参考出品。同モデルは、年内に発売される見込みだ。
三洋電機の55V型リアプロTV(参考出品)

 ソニーは、70V型のフルHD対応リアプロジェクションTV「グランドベガ」や、11月10日発売の46V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「QUALIA 005」を展示。QUALIA 005の価格は1,102,500円。なお、70V型グランドベガの国内販売は未定だ。

ソニーが11月10日に発売する46V型デジタルハイビジョン液晶テレビ「QUALIA 005」

 パイオニアは、プラズマTV「PUREVISION」コーナーで新旧モデルを並べ、画面の映り込み低減化をアピールしていた。50インチ超のモデルについては検討中とのこと。

パイオニアのプラズマTVコーナー

 日本ビクターは、61V型と52V型のリアプロジェクションTVを参考出品として展示した。

ビクターの61V型リアプロTV(参考出品)

こちらもビクターの52V型リアプロTV(参考出品)

 松下電器産業の薄型TV「VIERA」コーナーでは、最大サイズの65V型プラズマTVから小型の液晶TVまでが並ぶ。ちなみに、VIERAの反対側はDVDレコーダー「DIGA」の展示コーナーとなる。

65V型プラズマTVを中心に展示された、Panasonicの薄型TV「VIERA」コーナー
《高柳政弘》
page top