東芝、超低電圧版Pentium M 733搭載のCentrinoモバイルノート「dynabook SS SX」 | RBB TODAY

東芝、超低電圧版Pentium M 733搭載のCentrinoモバイルノート「dynabook SS SX」

IT・デジタル ノートPC

 東芝は27日、CPUに超低電圧版Pentium M 733(1.1GHz)を採用したB5モバイルノートPC「dynabook SS SX/2211LNKW」を発表した。発売日は8月6日。価格はオープンで、実売予想価格は210,000円前後。
  •  東芝は27日、CPUに超低電圧版Pentium M 733(1.1GHz)を採用したB5モバイルノートPC「dynabook SS SX/2211LNKW」を発表した。発売日は8月6日。価格はオープンで、実売予想価格は210,000円前後。
  •  東芝は27日、CPUに超低電圧版Pentium M 733(1.1GHz)を採用したB5モバイルノートPC「dynabook SS SX/2211LNKW」を発表した。発売日は8月6日。価格はオープンで、実売予想価格は210,000円前後。
 東芝は27日、CPUに超低電圧版Pentium M 733(動作周波数1.1GHz)を採用したB5モバイルノートPC「dynabook SS SX/2211LNKW」を発表した。発売日は8月6日。価格はオープンで、実売予想価格は210,000円前後(税込み)。

dynabook SS SX/2211LNKW

 SX/2211LNKWでは、CPUにインテルが7月21日に発表したばかりで最新の超低電圧版Pentium M 733を採用し、これにより2次キャッシュが2Mバイトへ倍増した。プレインストールOSは、Windows XP Home EditionからProfessional(SP1a)に強化。IEEE802.11b/gワイヤレスLANはインテル製を採用し、Centrinoモバイルテクノロジ対応モデルとなったことが主な変更点だ。

 それ以外の主なスペックは従来モデルと共通で、グラフィックス機能統合のIntel 855GMチップセット、256Mバイトメモリ、40GバイトHDD、12.1インチXGA液晶ディスプレイ、10/100BASE-TX対応Ethernetとなる。

 カードスロットは、PCカード(TYPE II)、コンパクトフラッシュ(TYPE II)、SDメモリーカードを装備。インターフェースは、USB×3、ヘッドホン出力、マイク入力、ミニD-Sub15ピンを用意する。

 本体サイズは幅268×奥行き210×高さ34.6mmで、重さは約1.1kg。バッテリー駆動時間(JEITA1.0)は約4.8時間となっている。
《高柳政弘》

特集

page top