松下、薄型ボディに手ブレ補正と大型液晶を搭載した500万/400万画素デジカメ | RBB TODAY

松下、薄型ボディに手ブレ補正と大型液晶を搭載した500万/400万画素デジカメ

IT・デジタル デジカメ

 松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新ラインアップとして、スリムボディに手ブレ補正機能と光学3倍ズームを搭載した「DMC-FX7」「DMC-FX2」を8月27日に発売する。
  •  松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新ラインアップとして、スリムボディに手ブレ補正機能と光学3倍ズームを搭載した「DMC-FX7」「DMC-FX2」を8月27日に発売する。
  •  松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新ラインアップとして、スリムボディに手ブレ補正機能と光学3倍ズームを搭載した「DMC-FX7」「DMC-FX2」を8月27日に発売する。
  •  松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新ラインアップとして、スリムボディに手ブレ補正機能と光学3倍ズームを搭載した「DMC-FX7」「DMC-FX2」を8月27日に発売する。
  •  松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新ラインアップとして、スリムボディに手ブレ補正機能と光学3倍ズームを搭載した「DMC-FX7」「DMC-FX2」を8月27日に発売する。
  •  松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新ラインアップとして、スリムボディに手ブレ補正機能と光学3倍ズームを搭載した「DMC-FX7」「DMC-FX2」を8月27日に発売する。
  •  松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新ラインアップとして、スリムボディに手ブレ補正機能と光学3倍ズームを搭載した「DMC-FX7」「DMC-FX2」を8月27日に発売する。
  •  松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新ラインアップとして、スリムボディに手ブレ補正機能と光学3倍ズームを搭載した「DMC-FX7」「DMC-FX2」を8月27日に発売する。
  •  松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新ラインアップとして、スリムボディに手ブレ補正機能と光学3倍ズームを搭載した「DMC-FX7」「DMC-FX2」を8月27日に発売する。
 松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新ラインアップとして、スリムボディに手ブレ補正機能と光学3倍ズームを搭載した「DMC-FX7」「DMC-FX2」を8月27日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は、500万画素機のFX7が53,000円前後、400万画素機のFX2が43,000円前後(いずれも税込み)。

DMC-FX7


DMC-FX2

 FX7は500万画素CCDと2.5インチ液晶ディスプレイを、FX2は400万画素CCDと2.0インチ液晶ディスプレイを備える。体積は、従来モデル(FX5/FX1)比で2/3の小型化を実現。

 ボディカラーは、FX7がシルキーシルバー、ピンクブロンズ、コンフォートブルー、グロスブラックの4色を用意。FX2はシルバーのみとなる。

 レンズは、開放F値がF2.8〜5.0、焦点距離が35mmフィルム換算で35〜105mmの光学3倍ズーム「ライカ DC バリオ・エルマリート」だ。レンズの中には、補正性能と補正帯域を向上した光学式手ブレ補正ジャイロ(機構)を搭載している。また、画像処理LSIに新開発の「ヴィーナスエンジンII」を採用したことで、画質と操作時のレスポンスが向上しているという。レリーズタイムラグは、FX7が0.008秒、FX2が0.006秒に高速化。さらに、カード容量一杯まで連続撮影できる「フリー連写モード」を装備した。

 本体サイズは両モデルともに幅94.1×高さ50×奥行き24.2mmで、重さはFX7が約135g、FX2が約130g。記録メディアは、SDメモリーカード/マルチメディアカードとなる。

 下の写真は、FX7とFX2で実際に撮影してみた画像だ。撮影条件は、Exif情報を参照のこと。画像をクリックすると、オリジナル画像を参照できる。

DMC-FX7の作例1


DMC-FX7の作例2


DMC-FX2の作例1


DMC-FX2の作例2
《高柳政弘》

特集

page top