[WIRELESS JAPAN 2004] DDIポケット、AirH"の256kbpsサービス開始に向け着々と進行中 | RBB TODAY

[WIRELESS JAPAN 2004] DDIポケット、AirH"の256kbpsサービス開始に向け着々と進行中

エンタープライズ モバイルBIZ

[WIRELESS JAPAN 2004] DDIポケット、AirH
  • [WIRELESS JAPAN 2004] DDIポケット、AirH
  • [WIRELESS JAPAN 2004] DDIポケット、AirH
  • [WIRELESS JAPAN 2004] DDIポケット、AirH
  • [WIRELESS JAPAN 2004] DDIポケット、AirH
 今年度中に開始が予定されているAirH"の256kbpsサービスだが、着実に開発が進んでいるようだ。WIRELESS JAPAN 2004では、256kbpsサービスのデモンストレーションが行われている。

 これまでも同社は、さまざまな展示会でAirH"の256kbpsサービスのデモンストレーションを行っていた。しかし、これらで使用されていた端末は、外付けのタイプだったり、PCMCIAであってもPCからはみ出ている部分が大きかったりした。

 WIRELESS JAPAN 2004のデモンストレーションで使用されいる端末はPCMCIA型で、小型化されているのが特徴だ。そのため、商用サービスで利用される端末にかなり近づいてきたと言えるだろう。

AirH"の256kbpsサービスに対応したPCMCIAカードの試作機


 実際にPCに256kbpsサービス対応の端末を接続して使ってみると、確実に128kbpsサービスよりも速くなっているのが分かる。さらにデータ圧縮を行っているため、おおよそ500kbps程度の体感速度になるとのことだ。

AirH"の256kbpsサービスでRBB TODYAを表示してみた。PCの右側に見えるのが256kbpsサービスに対応した端末。はみ出ている部分が少ない


 なお、商用サービスの詳細については検討中で、エリアや料金、開始時期などは未定だ。
《安達崇徳》

特集

page top