NTTドコモとTI、W-CDMAとGSM/GPRS方式に対応したLSIの共同開発で合意 | RBB TODAY

NTTドコモとTI、W-CDMAとGSM/GPRS方式に対応したLSIの共同開発で合意

IT・デジタル モバイル

 NTTドコモとテキサス・インスツルメンツ(TI)は、W-CDMAとGSM/GPRSに対応したデュアルLSIの開発を共同で行うと発表した。これに伴いNTTドコモは、TIに対して2年間で約55億円の投資を行う。

 今回の共同開発では、NTTドコモが持つW-CDMAの技術、TIが持つLSI製造技術、アプリケーションプロセッサ技術、GSM/GPRS技術を融合。低コスト、高機能化、低消費電力化が図られたワンチップLSIを開発し、FOMAの端末に採用する計画だ。

 なおNTTドコモは、すでにルネサンステクノロジともW-CDMAとGSM/GPRSのデュアルLSIの開発を進めることを発表している。
《安達崇徳》
page top